ホーム 展覧会 講座 体験学習 現説のお知らせ 書籍 利用案内 館内案内図 屋外案内図 古代クイズ サイトマップ アクセス メール リンク

綾羅木郷台地遺跡で完形品の「土笛」が初めて出土!!

綾羅木郷台地遺跡(庄屋敷(しょうやしき)地区)の調査成果

1.綾羅木郷台地遺跡(庄屋敷地区)について

綾羅木郷台地遺跡(庄屋地区)は下関市大字綾羅木字庄屋敷に所在し、綾羅木郷台地遺跡内の南東側に位置する。(住宅建設計画に先立ち、)遺跡内で過去の生活痕がどの程度残っているのか把握するため、平成276月から8月にかけて部分的な試し掘りを実施した。主に弥生時代前期〜中期の生活痕跡を確認し、東西方向に延びる大溝などが検出された。

2.出土土笛について

2-1.土笛とは何か

昭和41年に綾羅木郷台地遺跡において日本で初めて出土した土製品。当時、綾羅木郷台地遺跡の発掘調査に関わっていた国分直一(こくぶなおいち)博士が古代中国のけん(土でできた笛)との類似性を指摘し、吹奏機能を持つ楽器「けん)」として昭和42年に世に紹介したことにより、広くその存在が知られることとなった。発見当初はけんとも呼ばれたが、現在では、弥生時代の「土笛」の呼称が一般に定着している。主に祭祀の場で用いられたとも推測されており、農耕に関わる「マツリ」で用いられたとする説もある。

なお、近年の研究では純粋な楽器としての性格を疑問視する意見も示されており、楽器を祖形としながらも、実用上の機能が失われ、「形骸化」した笛形土製品とする説や、楽器とは関わりなく、海流に乗って漂着したココヤシの実を模して作った模倣土製品であるとするものなど、諸説が示されている。

土笛の形態的な特徴の時間的な変遷は、明らかになっていない。その要因として、存在が知られている115例中57例の時期が不明確で、形態的な特徴を把握できる資料が少ないことが挙げられる。

2-2.今回出土した土笛の形・特徴

最大長7.0cm、最大幅4.6cm、口径(最大)2.4cm、器形は卵形で内部が中空である。上端は口が開き、下端は鈍く尖る。上端付近と過半部分に計45mm程度の穴が横並びで2つずつ、合計4つ穿孔され、反対側の面にも上端付近に穴が2つ穿孔されている。

2-3.土笛が出土した状況

幅約5m以上、深さ2m以上の大溝から出土した。大量の弥生土器と共に溝の底から約1m上で出土しており、溝の埋まる過程で、他の遺物と共に廃棄されたものと推測する。

2-4.他の土笛について

これまで綾羅木郷台地遺跡では、7例の土笛出土が確認されている。全国的には2014年時点で27遺跡115例が知られているが、完形、または完形に近い資料は17例が知られているに過ぎない。また、その分布は日本海側の京都府の丹後半島、島根県の宍道湖周辺、響灘沿岸地域など、一部の地域に偏って認められ、年代も、限定的傾向が顕著である。下関市内では綾羅木郷台地遺跡をはじめ、合計8遺跡26例が知られている。

下関市内の土笛出土遺跡[()内は出土点数]

綾羅木郷台地遺跡(7) 新張遺跡(1) 下七見遺跡(3) 山ノ口遺跡(1) 大門遺跡(1) 

吉永遺跡(5) 高野遺跡(4) 沖田遺跡(4)

2-5.今回の調査で土笛が出土した意義

弥生時代の土笛は、出土総数が少ないうえ、完形品は全国的にみても出土例が極めて少ないなか、この度の例は、綾羅木郷台地遺跡及び下関市内遺跡においても初の完形品である。土笛の時間的な形態の変遷は明らかになっていないが、これまで綾羅木郷台地遺跡で出土した土笛と比較すると、小型で、横幅の最大径が真ん中に近く、前面と背面に開いた計6つの穴が45mmということから、ともに出土した土器の時期から弥生時代前期前半のものと判断される土笛と類似している。また、土笛は出土状況から詳細な時期を決定することが困難な例が多いが、今回の土笛は、出土した状態が明確で時期を特定する根拠となる標識的な土器とともに出土した貴重な事例となった。さらに土笛は小破片で出土する例が多く、全体の形状の把握が困難で、機能的分析が難しい。土笛の楽器としての機能を疑問視する意見が現れるなかで、このたびの完形土笛の発見は、土笛の機能から見た分析・研究を進める上で、非常に貴重な事例となった。

また、学術的な評価とは別に、土笛は綾羅木郷台地遺跡で初めて発見され、その豊かな弥生農耕集落の精神世界を象徴するシンボルとして位置づけられ、広く市民にも親しまれてきた。また、下関市立考古博物館の教育・普及活動においても、創作体験の素材として広く活用されてきた。

本年は、高度経済成長期に産業開発優先の風潮が強い中で、市民レベルの遺跡保護運動により、その保存が実現した綾羅木郷台地遺跡の地に、遺跡の保存・活用を目指す中核施設として設立された下関市立考古博物館の開館20年の節目の年に当たる。この記念すべき年に、綾羅木郷台地遺跡で初の完形土笛が出土したことは、綾羅木郷台地遺跡との不思議な縁を感じずにはいられない。




綾羅木郷台地遺(庄屋敷地区)跡出土の土笛


土笛の出土状況

















                                ホームにもどる